ロングヘアーにオススメ!正しいシャンプーの仕方のアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • ロングヘアーにおすすめの正しいシャンプーの仕方を解説しています
  • 1.シャンプー前のブラッシングで髪の汚れを落としましょう
  • 2.ぬるま湯で予備洗い!髪・頭皮を良く濡らしましょう
  • 3.シャンプーは泡立ててから頭へ!頭皮中心に揉み洗い
  • 4.艶々ロングの要はトリートメント!毛先まで栄養補給
  • 5.コンディショナーで髪の表面をコーティング!
  • 6.タオルドライはやさしく、しっかり水気を取る
  • 7.美しいロングヘアーには欠かせない!アウトバストリートメント
  • 8.ドライヤーで頭皮と髪をしっかり乾燥!
  • まとめ

キレイなロングヘアーは女性なら誰もが憧れるところ。

ですが、美髪を保つための「正しいシャンプーの仕方」を知っている人は意外に少なく、実はカンタンな方法でショートからロングまで髪型を選ばず行えます。
今日から始める美髪習慣、ここではその方法をご紹介します。

美しいロングヘアーは正しいシャンプーから

美しい髪は美しい頭髪から生まれます。家と同じで土台がしっかりしない事には美しい髪も育ちません。そのため健康な頭皮と髪の維持こそが肝心です。

美しいロングヘアーは正しいシャンプーから

シャンプーは髪を洗うのではなく、頭皮に残った余分な皮脂を落とすことが目的です。そして髪には適度な水分と油分がバランスよく保たれた状態が理想ですので、シャンプーは頭皮を揉み込むように、極力髪を傷めないようにすることが大切です。

1.シャンプー前にブラッシング!髪の埃や汚れを落としましょう

美しい髪を保つ為のシャンプー、その方法として、まずは髪についたその日の埃や汚れをブラッシングでキレイに落とすことが重要です。

1.シャンプー前にブラッシング!髪の埃や汚れを落としましょう

効果としては髪に付いた汚れの大半を落とすことと、地肌への刺激で血行促進にも繋がり、シャンプー時の洗浄効果UPも期待できます。

また、シャンプー中に髪が引っかかって抜けてしまうという事態も、事前のブラッシングで髪の絡みを解くことで防ぐことができます。
些細なことですが、習慣づけて美髪を手に入れましょう!

2.ぬるま湯で予備洗い!髪・頭皮を良く濡らしましょう

髪の汚れは、事前のブラッシングやシャンプー前に37~38度くらいのぬるま湯で流すことで、7~8割の汚れを落とすことが出来ます。

2.ぬるま湯で予備洗い!髪・頭皮を良く濡らしましょう

髪を濡らさずにいきなりシャンプーをつける人はほぼいないと思いますが、事前にぬるま湯にて頭皮と髪を予備洗いすることで、汚れを浮かしシャンプーの泡立ちも良くさらさら髪に仕上げる近道となります。

やり方はやさしくもみ洗いするように1分程続けて下さい。これからも付き合っていく頭髪と髪、やさしくいたわるように行いましょう。

3.シャンプーは泡立ててから頭へ!頭皮中心に揉み洗い

シャンプーは手のひらで少量のお湯にて泡立ててから髪につけて洗います。泡立てずに髪に直接つけてゴシゴシ洗ってしまうと、髪同士が擦れてしまい、輝きや栄養素を保つキューティクルが傷つくため泡立ては必須となります。

3.シャンプーは泡立ててから頭へ!頭皮中心に揉み洗い

適切な量を手にとり、しっかりと泡立てておくことで髪につけてからの泡立ちをよくする効果につながります。洗い方としては頭皮をマッサージする意識で、指の腹を使い、顔は上を向いて洗うと髪の流れに沿って洗うことが出来ます。

その際、後頭部→側頭部→前頭部→生え際の順に洗うことで禿げ防止に繋がります。最後洗い流すときのすすぎはしっかりと丁寧に行いましょう。この時も地肌をマッサージしながら、髪同士を擦らせないように意識して流して行きましょう。

4.艶々ロングの要はトリートメント!毛先まで栄養補給

美しい髪には日々のケアで『いかに傷ませないか』に重点を置くことが大切になります。

4.艶々ロングの要はトリートメント!毛先まで栄養補給

そのため、トリートメントで内部補修をしながら髪の中に含まれる水分と油分をしっかり閉じ込めておくことが重要です。
パサついたりブラッシングしてもおさまりが悪い場合はバランスが乱れた状態と言えます。

使い方の注意点として、シャンプーから時間を置き、毛先を重点に揉みこむようにトリートメントをつけます。頭皮についてしまうと毛穴を塞ぐ原因になり、炎症を起こす等の頭皮トラブルに繋がるため注意して下さい。

5.コンディショナーで髪の表面をコーティング!

指通りの良いつややかな髪は、髪表面をコーディングするコンディショナーの効果によるものです。また、外部からの汚れや埃が付着することを防ぐ働きもあります。

5.コンディショナーで髪の表面をコーティング!

そんなコンディショナーの使い方は、トリートメント同様に髪・毛先を重点に揉みこむようにつけます。根元からツヤツヤにしようと毛穴を詰らせることになってはトラブルの元となるため注意が必要です。
トリートメントと違いすぐに洗い流しても効果は変わりません。

6.タオルドライはやさしく、しっかり水気を取る

お風呂上がりの濡れた髪はキューティクルが開いたまま、水分を保持できない刺激に弱い状態です。

6.タオルドライは優しく、しっかり水気を取る

濡れている髪は傷みやすいので、爪を立てたりゴシゴシ拭いたりせずに、タオルで優しく叩いてしっかりと水分を取ることが重要です。

頭皮は指の腹でマッサージするように拭き取ります。タオルで拭く、というよりはタオルに水分を吸わせるイメージで行うことでキューティクルを壊さず、ドライヤーの時間も短縮できるようになります。

7.美しいロングヘアーには欠かせない!アウトバストリートメント

洗い流す必要がなく、それでいて髪表面と内部にまで栄養分が浸透するアウトバストリートメント。ヘアケアにこだわる方ならいくつも持っているアイテムではないでしょうか。

7.美しいロングヘアーには欠かせない!アウトバストリートメント

オイル・クリーム・ローション・ミストなど髪の悩みに合わせていくつかのタイプに分かれていますが、効果としてはいずれもドライヤーの熱や紫外線から髪を守る働きがあり、髪内部に補修成分が残り続けるため、ダメージからの予防にもなります。

ディアテック/アクアカバー オイル

ディアテック/アクアカバー オイル

ディアテック/アクアカバー オイル

さらっとしたオイルでベタつかず、紫外線やドライヤーの熱などによるダメージをしっかり補修し、まとまりやすい髪に仕上げます。ダメージがひどい状態から使ってもサラサラヘアで艶のある髪に生まれ変われます。

FIOLE(フィヨーレ)/Fプロテクト フォルムキーパー

FIOLE(フィヨーレ)/Fプロテクト フォルムキーパー

FIOLE/Fプロテクト フォルムキーパー

熱によって定着する2つのヒートアクティブ成分がカラーやパーマで傷んだ髪に艶を与え、弾力ある髪へ導いてくれます。紫外線によるトラブルからもしっかり保護し、乾燥によるダメージもガードしてくれます。

オブ・コスメティックス/ベースコートオブヘア・5

オブ・コスメティックス/ベースコートオブヘア・5

オブ・コスメティックス/ベースコートオブヘア・5

天然ビタミンE、セージエキスを配合し、天然シルクやキトフィルマーが枝毛・切れ毛をコーディング。ダメージのあるまとまりの悪い髪も、美しいツヤとしなやかさが指通りもサラサラとした軽やかな仕上がりになります。

8.ドライヤーで頭皮と髪をしっかり乾燥!

髪は自然乾燥させると水分が髪や頭皮に付着した状態が続き、細菌が繁殖してフケやかゆみなどのお肌トラブルに繋がります。

8.ドライヤーで頭皮と髪をしっかり乾燥!

ドライヤーには、細菌の繁殖を防ぐ頭皮と髪に良い作用があることを知り、正しく使いましょう。やり方としては、タオルドライ後、コームや手ぐしにて最低でも10cmは髪から離して風は下向きに散らすように乾かしていきます。その際、毛先はダメージを受けやすく乾きやすいため最後に乾かすようにしましょう。

8つのケアで美しいロングヘアーを

今回ご紹介したアイテムなどは、頭皮や髪に一番合うものをお選び下さい。

まとめ:8つのケアで美しいロングヘアーを

ポイントは汚れの除去と保湿を徹底すること、毛先を入念にケアすること、そして日々ダメージを軽減させる努力を続けることにあります。

毎日の習慣として苦も無く続けられるように楽しみながら行いましょう!

この記事に関連する施術

他にこんな記事が読まれています

こんにちはゲストさん[ログイン]

会員登録をする
トクーナから予約すると!!施術費用10%キャッシュバック