夜のひと手間で朝が超スムーズに!寝癖がつかない寝方3つ のアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • 寝癖がつかない寝方について解説しています。
  • 寝癖をつけないためには、寝る前に髪の毛にひと工夫することが大事です。寝癖の原因は一言でいうと「水素結合」です。水分のある状態の髪が、寝ている間に乾き、結合したのが「寝癖」です。この特性を理解して水素結合を防止することが寝癖がつかない寝方のコツです。
  • この記事では具体的にドライヤーによる十分な乾燥、ヘアゴムやシュシュなどで髪を緩くまとめる、カーラーやナイトキャップを使用する、の3つの方法を詳しく紹介しています。
  • それでも頑固な寝癖をつけてしまったときの超スピード解消法として身近なアレを使った方法をおすすめしています。

朝の準備で時間がかかることと言えば、メイクとへアセットですよね。

せっかくメイクが上手くいっても、ヘアスタイルがイマイチだと気分が乗らないのが女心。そんな朝のヘアセットの最大の敵は「寝癖」です。寝癖さえなければ、もう少し余裕を持って家を出られるのに! と感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、夜の間に寝癖を予防するための方法と、ついてしまった寝癖を簡単に直すテクニックをご紹介いたします。

夜できる寝癖対策3つ!

忙しい朝に慌てて寝癖と格闘する時間を減らすためには、夜の間に髪の毛にひと工夫しておくのがポイントです。
寝る前には、以下の3つのポイントを意識して行ってみてくださいね。

髪の毛はしっかりとドライヤーで乾かす

寝癖の原因は、髪の毛の主成分であるタンパク質に起こる「水素結合」です。水素結合とは、水に濡れることで緩まり、乾くにつれて再び結合していく性質のこと。

髪の毛はしっかりとドライヤーで乾かす

髪の毛はしっかりとドライヤーで乾かす

髪が濡れた状態で眠ってしまうと、枕に押し付けられた状態で結合が進んでしまうため、その形に寝癖がついてしまうのです。どんなに面倒でも、眠る前にはしっかりと髪を乾かすようにしてくださいね。

髪が乾いたら、最後に冷風を当ててキューティクルを締めてあげるのがポイントです。

長い髪は緩く束ねて!

髪が長いと、眠っている間に寝返りが原因で毛先が広がってしまったり、横向きに寝たことで変な折れ癖がついてしまったりしますよね。

長い髪は緩く束ねて!ヘアゴムやシュシュで寝癖防止

長い髪は緩く束ねて!ヘアゴムやシュシュで寝癖防止

そんな長い髪の寝癖対策には、柔らかい布製のシュシュなどがオススメ。結んだ部分に癖がついてしまわないよう、緩めに結んで眠ってみてください。髪の広がりを防ぎ、朝までまとまった髪をキープすることができますよ。

結び目に体重がかかってしまわないよう、なるべく枕に触れないサイドの耳下あたりで結ぶようにしてくださいね。

カーラーやナイトキャップを活用

髪を束ねて眠るのが難しいショートヘアの方には、カーラーやナイトキャップの使用をオススメします。

カーラーやナイトキャップを活用して寝癖防止

カーラーやナイトキャップを活用して寝癖防止

カーラーを使えば眠っている間にスタイリングが完了するため、寝癖直しどころかヘアセットの時間まで短縮することができて一石二鳥。

ナイトキャップを使用する場合は、髪に優しいシルク製のものがベストです。眠っている間の髪を守ってくれるうえに、朝起きたらサラサラの指通りになっていますよ。

簡単寝癖直しの方法

寝癖対策を行っても、どうしても多少の寝癖はついてしまいます。そんなときに試してほしいのが、ホットタオルを使った寝癖直しの方法です。

まずは水に濡らしたフェイスタオルを軽く絞ってラップで包み、電子レンジで1分ほど温めます。ホットタオルができあがったら、寝癖が気になる部分の生え際から毛先にかけてをホットタオルで押さえて少し置いておきましょう。

この間に他の準備を進め、髪がしっとりとしたらドライヤーで乾かします。一度熱を浸透させることで、寝癖が直りやすくなりますよ。

寝癖がつかない寝方で快適スムーズな朝を!

朝の頑固な寝癖を予防する3つの方法をご紹介いたしました。

寝癖がつかない寝方まとめ

夜眠る前のひと手間が、朝のヘアセットを何倍にも楽にしてくれます。
毎日の寝癖直しにうんざりしているという方は、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

この記事に関連する施術

他にこんな記事が読まれています

こんにちはゲストさん[ログイン]

会員登録をする
トクーナから予約すると!!施術費用10%キャッシュバック