目の下のクマの種類

目の下の皮膚を引っ張って薄くなれば「青クマ」

目の下の皮膚をそっと下へ引っ張って、クマがわからなくなるようであれば青クマです。皮膚の薄さや血行不良が原因でおこり、特に色白の人は目立ちやすくなります。

皮膚を引っ張っても顔の向きを変えても変化しなければ「茶クマ」

上記のどちらを試してもクマがはっきり見えている場合は、茶クマです。色素が沈着してしまっているため、シミと同じような状態になっています。

顔を上へ向けて目立たなくなれば「黒クマ」

手鏡を持って顔を天井へ向けてみて、クマが目立たなくなるようであれば黒クマです。皮膚のたるみなどによるへこみが影となってクマになっており、メイクで隠しにくいクマになります。

関連する記事

目のクマ治療について詳しく解説

目の下のクマ治療が受けられる美容外科

地域・都道府県から探す