美容クリニックで行われているクマ治療にはどのような種類があるのかを、クマのタイプ別にご紹介します。

顔の印象を大きく変えることもあるクマやたるみの原因には、さまざまなことが挙げられます。

皮膚の中でも特にデリケートな部分である目の下は、皮膚の薄さから、体のさまざまな影響が現れやすい場所でもあります。疲れ、ストレス、睡眠不足や冷えによる血行不良、紫外線などにより増加するしみやそばかすの原因でもあるメラニン色素、皮膚のたるみなどもその一例です。

中でも、真皮に茶色いクマがでたり、少し青みがかった茶色のクマができる遅発性両側性太田母斑様色素斑であったりする場合には、皮膚に直接クマとなっている茶の色が付いてしまっているため、自己ケアで簡単に解決することができないといったケースも少なくありません。

また、黒いクマの場合は、老化などにより目の下にある皮膚がたるみ、そのたるみの影がクマとなって現れています。皮膚自体に色が付いてしまっているわけではありませんが、目の下の脂肪のたるみを治さなければクマを解決することができないという難しさがあります。

自己ケアでは解決できないような、これらのクマやたるみを改善したいという場合、手術や整形を利用することで悩みを解決できる可能性があります。美しい肌を手に入れるために、どのような方法があるのかを知っておくと安心でしょう。

関連する記事

目のクマ治療について詳しく解説

目の下のクマ治療が受けられる美容外科

地域・都道府県から探す