目の下のたるみの原因の一つが、老化による眼窩脂肪(がんかしぼう)です。眼窩脂肪とは、目の下の脂肪のことです。

目の下のふくらみには涙袋がありますが、眼窩脂肪はそれとは別のもので年齢を重ねるごとに垂れ下がり、衰えていきます。加齢のほかにも、紫外線などの刺激により細胞が壊れてしまって筋肉が衰えることが原因の場合もあります。

目の周りには、眼輪筋という筋肉があり、まぶたの動きや涙の調整を行っています。眼輪筋は目の下の眼窩脂肪を支える役割もしているため、眼輪筋が衰えることで眼窩脂肪を支えることができなくなり、支えのなくなった眼窩脂肪が下がってしまうのです。眼窩脂肪は垂れ下がった後、そのまま前にせりだしてしまうため、たるみとなってしまいます。

目の下のクマやたるみの治療を、外科手術によって行なう美容法が一般的になってきています。当然、医療行為ですので、資格を持った医師にしか出来ない治療法です。

例えば、もっともポピュラーな経結膜脱脂法(けいけつまくだっしほう)と言う治療法があります。これは、直接皮膚にメスを入れて、目の下にある眼窩脂肪を取り除くと言う治療法です。

しかし、この方法ですと手術で脂肪を取った後が凸凹になってしまい、逆にクマやたるみが目立ってしまうと言う危険性もあります。また、脂肪を取った後にヒアルロン酸や活性化させた脂肪を注入する必要性もあり、手間暇がかかります。手術も一回で済むというわけにはいきませんので、オペによる体の負担が少ないとは言い切れません。

そこで、従来の脱脂術を改善するために考案された最新治療法がハムラ法です。

関連する記事

目のクマ治療について詳しく解説

目の下のクマ治療が受けられる美容外科

地域・都道府県から探す

(1)

(11)

(1)

(4)

(3)

(4)