目の下のたるみ治療には、余計な皮膚を切り取ったり脱脂を行う方法があります。でも、できればメスを入れずに悩みを解消したいと願う人も多いのではないでしょうか。

メスを使った治療の場合は即効で効果を出すことができますが、ダウンタイムが長く、施術後の傷跡も気になるところです。さらに、急激に変化することで周囲に治療をしたことが知られてしまう可能性もあります。

より自然な若返りをしたい、ダウンタイムはできるだけ抑えたいという方々には、メスを使わないプチ整形が人気です。プチ整形でよく選ばれている治療法として、ヒアルロン酸注射のような注射系治療、そしてレーザーや高周波を照射する照射系治療があります。

照射系治療はピンポイントに患部に光をあてて施術を行うため、治療後の体への負担が少なく、ダウンタイムもほとんどないことがメリットと言えるでしょう。また、切開することがないため、照射した部分に赤みが残る程度しか術後の跡がない点も魅力です。

照射系治療の中でも高周波を照射するサーマクールアイは、目の下のたるみ解消に効果があるとして高い評価を得ています。

関連する記事

目のクマ治療について詳しく解説

目の下のクマ治療が受けられる美容外科

地域・都道府県から探す