二重まぶた手術後の腫れとカバー方法のアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • まぶたの美容整形では、費用より術後の腫れの心配度の方が高い?
  • 大きな腫れが引く目安は、埋没法が約1週間、切開法は3週間ほど。完治までの期間は個人差もあり。
  • 腫れが引かない間は、眼鏡やサングラスなどの小物がオススメ。メイク解禁後はより自然なカバーも。

ぱっちり二重まぶたになるために、自分で色々と努力はしてみたけどなかなか二重にならないな…。このようにお悩みの人が次に考えることは、やはり美容整形ではないでしょうか?
まぶたの美容整形手術のデメリットは、費用が高いことと、術後に腫れが出てしまうことです。特に、長期の休暇が取りにくい場合、費用よりも術後の腫れの方が心配度が高めだと思います。今回は美容整形の術後のまぶたの腫れと、腫れのカバー方法をご紹介します。

施術別、腫れの日数

メスを使わないプチ整形(埋没法)、まぶたの脂肪までスッキリ取って二重にする切開法。いずれの方法でもまぶたに麻酔をするので、どんなにドクターの腕が良くても、施術直後はほぼ確実に腫れると思っていて良いでしょう。

プチ整形(埋没法)の腫れ

手軽に二重になれて、腫れにくいと言われているプチ整形(埋没法)ですが、術後2~3日は大きく腫れてしまうことも。その後徐々に腫れが引いていき、約1週間でだいぶ目立たなくなり、完全に腫れが引くのは2~3週間程度です。アイメイクは数日間控えた方が良いので、長期の休みを取れない場合は、祝日が絡む3連休の初日、もしくは3連休の前日の夜などに施術を受けると良いでしょう。また、施術中に緊張などで目元に力を入れてしまうと、内出血が起きやすくなってしまうようです。施術中はできるだけリラックスした状態を保ちましょう。

切開法の腫れ

半永久的に二重のままいられる切開法ですが、術後の大きな腫れは1~2週間。ほとんどの場合、術後1週間程度で抜糸となりますが、その頃にはまだ腫れています。そして、1ヶ月~3ヶ月ぐらいで傷跡が二重のラインになり、それと同じ頃に傷の赤みが目立たなくなるまでに回復します。約6ヶ月ほどで、二重の幅が完全に落ち着きます。アイメイクができるようになるのは、術後の大きな腫れが引いてからです。可能であれば2週間以上の休暇を取るのが理想です。また、切開の幅などによっては、これよりも短期間で腫れが引く場合もあります。

腫れの程度には個人差があります。腫れがあまり目立たない人もいれば、大きく腫れあがってしまう人もいます。不安があれば、事前にドクターに相談しましょう。

施術後はドクターの指示に従いましょう

施術後、誰でも早く腫れを落ち着かせたい!と思いますよね。まずはドクターに必ず、アフターケアの方法と注意事項を確認しましょう。アフターケアをしっかりと行うか行わないかでは、腫れが引くスピードだけではなく、傷の治りや仕上がりにも影響することがあります。もし、施術後に不安や疑問が生じたら、自己流でケアするのではなく、必ず施術を受けたクリニックに問い合わせるようにしましょう。

腫れたまぶたの隠し方

施術後、数日~数週間、どうしてもまぶたは腫れてしまいます。長期間の休暇が取れた場合は、ずっと家にいることもできますが、それにしたって日々の買い物など、外に出なければいけない時があります。そんなちょっとだけストレスを感じてしまう日々を快適に送れるように、上手なまぶたの隠し方をいくつかご紹介いたします。ここを乗り越えれば、あなたはキレイなぱっちり二重さんです!

サングラス

手術直後は多くの場合、まぶたがとても腫れます。その状態で帰宅しなくてはいけないので、特に施術当日の必須アイテムとなります。まぶたの腫れが強い数日間、サングラスがあれば、簡単にまぶたを隠すことができるので、外出時には重宝します。事前に用意しておいた方が良いでしょう。

メガネ

ある程度腫れは落ち着いてきたけど、まだちょっと違和感が…。という時に活躍するのがメガネです。ちょうどフチがまぶたを隠すぐらいフチが太めのメガネなら、腫れた部分を上手に隠してくれます。

眼帯

ちょっと極端な気もしますが、眼帯なら目元を完全に隠してくれます。片目だけなかなか腫れが引かない場合などは使えるアイテムです。周囲の人に「どうしたの?」と聞かれた場合も、「ものもらい」「結膜炎」などと言って、ごまかすことができます。

前髪をおろす

普段、前髪をあげていたり、センターパートの人は、この時だけは目のラインぐらいに合わせて前髪をカットしておろしましょう。厚めにおろす方がカバー力が上がります。更にメガネをかければ効果的です。

マスカラ、つけまつげ(メイク解禁後)

ビューラーでまつ毛を思いっきりあげ、マスカラをしっかり塗る。そしてつけまつげは、いつもよりも多め、長めに。腫れによって二重の幅が広く見える間は、しっかりしたボリュームまつ毛を作ると、二重幅を狭く見せることができます。

コンシーラー、アイシャドウ(メイク解禁後)

内出血や切開の傷跡を隠すときに使えるのがコンシーラー。コンシーラーで内出血や傷跡を隠し、濃いめのアイシャドウで目元をスッキリと見せます。しかし、薄いピンクやオレンジなどを塗ってしまうと、腫れぼったく見えてしまいますので、ブルーやグリーンなどのクール系のカラーがおすすめです。

メガネに手をあてる女性

この記事に関連する施術

他にこんな記事が読まれています

こんにちはゲストさん[ログイン]

会員登録をする
トクーナから予約すると!!施術費用10%キャッシュバック