二重にしたいといっても、自然な感じにしたい、目も大きく見せたい、幅広な二重でハーフっぽいイメージにしたい、とその要望は様々です。

二重まぶた整形には埋没法と切開法がありますが、幅広な二重にしたい、半永久的かつ理想の二重に近づけたいという方は、切開法という選択になります。

理想の二重幅ができる切開法

二重切開で対応できる整形には以下の種類があります。

自然な感じになる末広型二重

二重の日本人のほとんどが末広型二重です。目頭から目尻にかけて幅が広くなってます。
部分切開法(ミニ切開法)、全切開法で対応できます。埋没法でも可能です。

幅広なら平行型二重

平行型二重は、欧米人のような二重のラインが目頭まである二重です。
部分切開法(ミニ切開法)、全切開法で対応できます。
埋没法でも可能ですが、幅広なラインを希望される場合は、ほぼ切開法になります。

自然な二重幅を目指しましょう

目を大きく見せたい、ハーフっぽく、欧米人っぽくしたいという方も多いと思います。
二重の幅の広さと、幅の広さを目頭から目尻まで平行(同じ)にするか、狭くするかなどで選択する施術も違ってきます。

もちろん希望も大事なのですが、無理に幅広な平行型などで通してしまうと不自然な仕上がりになってしまう場合もあります。
自分の顔の彫りの深さ、蒙古襞(もうこひだ)の状態などを考慮しながら、理想の二重をカウンセリングで相談しましょう。

切開法について詳しく解説

二重まぶた切開法が受けられる美容外科

地域・都道府県から探す

(4)

(21)

(2)

(7)

(7)

(6)

(10)