二重切開法で失敗は起こるのか?

二重まぶたを作ると目元がぱっちりとして、見栄えがよくなります。美容グッズで作ることもできますが、その効果は一時的なものでしかなく、しばらくすると取れてしまうのが欠点です。その一方で、美容整形外科の施術を受ければ、ほぼ取れることのない二重まぶたを手に入れることができます。
二重まぶたの施術方法には、切開法埋没法が存在します。

切開法ではメスを使った手術が行われます。切開法の方が半永久的な二重まぶたのラインを作ることができますので、埋没法よりも高い効果が得られるようになっています。

失敗のリスクは少ない施術

失敗のリスクがあるのではないかと心配になる人も多いですが、失敗については、切開法、埋没法のどちらの方法を選んでも、そう多くはありません。
施術方法自体よりも、技術の高い医師のもとで施術をおこなえるかによって、そのリスクの割合が変わってくることがほとんどです。

失敗は技術の問題?イメージの違い?

失敗には技術的な失敗と、イメージ通りにならなかったという期待値の差での失敗があります。
患者様と医師とのイメージの共有がうまく行かなかったために、失敗という認識になりクレームにつながっていることも多いようです。

技術的な失敗

技術的なものは、まぶたの筋肉の切り過ぎ、まぶたの脂肪を除去し過ぎることでおかしな癒着を生み、不自然な二重が出来上がってしまうということがあります。

値段よりも医師とのイメージ共有が大事

また、ひとえに値段が安いところが悪い、高いところが良い、というわけではありません。
ブランド力があり、体制が整ったクリニックでは基本技術はしっかりした医師に、経験を積ませるために安い料金体系にしているところもあります。
その逆で安かろう悪かろうというクリニックもあるわけです。

いずれにせよ、担当する医師がどのくらいの経験があるのか、なりたい二重のイメージは自分のまぶたの状態で実現できるのかを、カウンセリングでしっかり確認し、イメージを共有することが「失敗」という認識を避ける一番の方法でしょう。

切開法について詳しく解説

二重まぶた切開法が受けられる美容外科

地域・都道府県から探す