切開法で二重にしたら修正できない?

クリニックへの切開法の質問で、一度やると二度と戻せないのですか?という質問があります。失敗したらおかしな状態でずっといなければならないの…と不安を感じる方もいらっしゃることと思います。

結論としては、二重まぶたの切開法は修正手術(やり直し)が可能です。ただし、切開法の修正手術は難しいと言われています。

切開法も再手術は可能

修正手術は、再手術とも言われます。二重の切開手術は、失敗性のないけれど再手術の要望がある施術です。

「失敗性のないもの(やり直し)」
切開法で手術をしたんだけど、今の幅が気に入らなくなった、幅を広くしたい、狭くしたい、という希望性のもの。
「失敗性のもの」
まぶたのデザインバランスが崩れている状態を治す、文字通り修正する手術。

二重の幅を変える再手術

二重整形を切開法(部分切開・全切開等)でおこなった後、やっぱり二重の幅を広くしたい、もう少し狭くしたい、末広型にしたい、平行型にしたい…と希望される場合は再手術が可能です。担当されたクリニックが再手術可能であればお願いしてもよいでしょう。もちろん他院でも大丈夫だと思います。

修正手術は通常6ヶ月経過してから

この場合、前回の切開手術から6ヶ月は経過していないと、完全に腫れが引いていないこともあるため再手術は難しいと判断される場合が多いようです。

クリニックによっては2ヶ月、3ヶ月後に対応してくれる所もあります。腫れが引いていない状態での施術になることがほとんどだと思いますので、幾ら正確な技術があっても腫れが引いた後、左右に微妙な差が残ってしまう場合もあります。そこがまた気になり、さらに再手術となれば、まぶたにどんどん負担を掛けますから年齢を重ねた後のリスクにも繋がります。

再手術のやり方は患者様のまぶたの状態や医師によって異なります。
基本的には再切開、再切除、縫合、脂肪除去などをおこなって二重の幅を調整していきます。

やり直しにも限界があります

そう何度もやり直しが効く施術ではありませんので、必ず現状の状態を確認してもらってください。
ご希望される幅などを医師に相談の上、冷静な判断をおすすめします。
目は印象を決める大事なパーツですので妥協は厳禁です。

切開法について詳しく解説

二重まぶた切開法が受けられる美容外科

地域・都道府県から探す