敏感肌でお困りのアナタへ!本当に肌に優しい化粧品とは? のアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • 敏感肌で悩む方に向けた、肌に優しい化粧品を紹介します
  • 気付いてないだけ?敏感肌の特徴
  • 敏感肌にはどんな化粧品がいい?
  • 敏感肌が避けた方がいい化粧品は?
  • 肌に優しい化粧品選び まとめ

女性にとって生涯使い続ける化粧品。

肌に優しく長く使い続けることができる商品が沢山世に出ていますが、本当に自分に見合ったものとは一体どういう基準で選べばいいのでしょう。

ここでは流行に左右されない「肌に優しい化粧品」を特集し、長く使いつづけてもらえるアイテムが見つかるように解説していきます。

気付いてないだけ?敏感肌の特徴

敏感肌について
敏感肌とは、外部からの刺激に反応して赤みや発疹などトラブルを起こす肌のことを指します。

気温の変化やハウスダストなどの雑菌、乾燥した空気など普段の生活で避けられない些細な刺激に弱い肌を「敏感肌」とし、アレルギーや体調の変化、季節の変わり目などの環境の変化で引き起こされます。

化粧水やメイクによってヒリヒリしたり赤みを帯びたりする場合は、敏感肌の方の持つ代表的な肌トラブルです。

敏感肌によく見られる症状

日常的な生活の中で出てくる敏感肌の方の症状としては、洗顔後に肌がヒリヒリしたり、かさついたり、赤くなったり、と刺激を感じることに加えて見た目の変化にも表れることが特徴です。

そのため、無自覚でいる人はほとんどいない症状だといえます。

気づきやすいため、それに対する対応策をしっかり行うことで、不安や間違ったメイク方法などを避けて安心して過ごすこともできると言えるでしょう。

敏感肌の原因は?

敏感肌の原因
敏感肌はお肌のバリア機能の低下により引き起こされます。

通常お肌は外部の刺激に対して抵抗力を持っているものですが、肌の保湿機能が低下すること、つまり乾燥することでバリア機能が低下して、肌トラブルが表出します。

生活習慣や間違ったスキンケアを見直すことで改善できるポイントでもあるため、自分のお肌の状態をしっかり確認しておくことが、不要な肌トラブルをこと前に避けるポイントとなります。

敏感肌にはどんな化粧品がいい?

敏感肌にはどんな化粧品がいい?
敏感肌の大敵はズバリ「乾燥」です。お肌の持つバリア機能を保つ為にも「保湿力」を意識した化粧品選びが重要になります。

敏感肌の人が選択するべき化粧品は、保湿に優れた化粧品の中でも「角質層」の保湿力をアップしてくれるセラミドが配合された物が効果的です。

元々角質層には細胞間脂質と呼ばれるセラミドでできた組織があることで、湿度0%の中でも肌の水分を保てる圧倒的な保湿力を実現してくれます。

敏感肌の方の多くは、この角質層の乾燥によってお肌のターンオーバーがしっかり行われないという特性が見られます。そのため、肌の内側からしっかりと潤いを感じられ、長時間キープできる化粧品が最も効果的であり、敏感肌の方にとっては選択することが望ましいといえるでしょう。

敏感肌が避けた方がいい化粧品は?

角質層のバランスが乱れた状態では、いかに低刺激やオーガニック化粧品を謳う商品であってもお肌の異常が見られる場合があります。

起こってしまった肌トラブルに関しては、その原因を見極めて使用を中止することが何よりも先決です。

そのための基準となる指標はこちら。

  1. 塗った直後に染みる
  2. 塗った直後に湿疹、赤み、かぶれが起きる
  3. 塗って数日後に湿疹、赤み、かゆみが出る

新しい化粧品を使い始めて1週間は様子見として、じっくりお肌を観察してみることが予防策です。

低刺激化粧品の種類と違いについて

低刺激化粧品の種類と違いについて
低刺激化粧には、オーガニック化粧品や自然派化粧品など、いつくかの種類があります。
その効能と特徴の違いを知ることで、ご自身に見合ったモノを見つけていきましょう。

オーガニック化粧品とは?

お肌の刺激となりうる化学肥料や化学合成農薬を一切使用せず、有機肥料のみで育てられた原料を使用した化粧品を言います。

数々のオーガニック化粧品と呼ばれる物がある中で、徹底管理のもと作り上げられた信頼度の高いオーガニック化粧品がこちらです。

  • NATURAL ORCHESTRA/オーガニックホホバオイル
    NATURAL ORCHESTRA/オーガニックホホバオイル

    NATURAL ORCHESTRA/オーガニックホホバオイル
  • トリロジー/ローズヒップオイル
    トリロジー/ローズヒップオイル

    トリロジー/ローズヒップオイル
  • メルヴィータ/ビオオイル アルガンオイル
    メルヴィータ/ビオオイル アルガンオイル

    メルヴィータ/ビオオイル アルガンオイル

保湿力を高めるだけでなく、天然植物のもつ美容成分を肌に与えることで、潤いとハリをもたらしてくれます。

自然派化粧品とは?

植物から抽出された天然成分と合成成分の含まれたものが入ったものをします。

オススメはこちら
・Sinn Purete'/ピュアクレンジング クリア

Sinn Purete'/ピュアクレンジング クリア

Sinn Purete'/ピュアクレンジング クリア

植物成分をふんだんに配合した、こすらず落とせる肌に優しいメイク落としです。

・ナチュリエ/ハトムギ化粧水

ナチュリエ/ハトムギ化粧水

ナチュリエ/ハトムギ化粧水

天然ハトムギエキスが保湿力をあげてみずみずしい肌を作ります。

・無印良品/化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

無印良品/化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

無印良品/化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

アレルギーテストを行った肌の弱い人にも、しっかりとした保湿を実感させてくれる化粧水です。

無添加化粧品とは?

厚生労働省が指定したアレルギーを起こす成分を使っていない物に対して無添加化粧品と呼ばれます。

言葉を変えれば害の少ない合成成分はふんだんに使われているため使用者を選ぶ化粧品と言えます。

その中でもオススメはこちら
・カウブランド/無添加メイク落としオイル

カウブランド/無添加メイク落としオイル

カウブランド/無添加メイク落としオイル

アレルギーを引き起こす可能性のある成分を全部カットしたメイク落とし。

・HABA/高品位「スクワラン」

HABA/高品位「スクワラン

HABA/高品位「スクワラン

不純物を徹底的に取り除いた天然由来成分100%の拘りが肌の潤いを保ちます。

・尊馬油/ソンバーユ無香料

尊馬油/ソンバーユ無香料

尊馬油/ソンバーユ無香料

一切科学的な加工をしていない成分無調整の馬油です。

肌に優しい化粧品選び まとめ

肌に本当に優しい化粧品まとめ
自然派、オーガニック、無添加など、化粧品の呼び方や種類・分類がどんどん増えていき、使用者側が自分に一番あったものを選びにくくなり続けていることが一番の課題のように思われますが、この状況は今後も変わることなく、さらに細分化しながら、より複雑になっていくことが考えられます。

大事なのは、ご自身の肌特性を知り抜いて、そのタイプに最適な一番負担の少ない天然・自然由来成分の化粧品を選ぶ、ということに尽きます。敏感肌で真剣に悩まれていらっしゃる方にとって、当ページで紹介したアイテムや内容が、ささやかながらもお役に立てれば幸いです。

これらはあくまでも個人差の見られる内容になるため、お試しの際はできるだけパッチテストを行える場所でお選びになってください。

この記事に関連する施術

他にこんな記事が読まれています

こんにちはゲストさん[ログイン]

会員登録をする
トクーナから予約すると!!施術費用10%キャッシュバック