シミを消したい人ほど誤解してる!?シミ消しクリームの正しい使い方 のアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • 知っているようで意外と使いこなせていないシミ消しクリームの正しい使い方や、成分に注目したシミ消しクリームの正しい選び方についての説明、オススメのシミ消しクリームの紹介をしています。
  • シミ消しクリームの主な成分には、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、ルミキシルなどがあり、それぞれがどのような働きをするかについて解説しています。
  • できたばかりのシミを消したい/薄くしたいという場合と、シミ予防をしたいという場合はクリームの選び方、使い方も異なります。表皮層にあるシミ、真皮層にまで沈着してしまったシミ、それぞれに働きかける成分が異なるので、最適なものを選びましょう。おすすめシミ消しクリームも3つほどご紹介しています。

あるだけで老けて見られるシミのお悩み。消したい!防ぎたい!という思いは、全ての女性共通の願いではないでしょうか。

そんなシミ対策として効果のあるシミ消しクリームですが、目的に沿った正しい使い方が重要になります。成分や効果を知ることで正しく選べるようにしましょう。

シミ消しクリームってどんなもの?

高額なレーザー治療はちょっと怖い…という方でも手軽に始められるシミ対策として人気のシミ消しクリーム。

シミ消しクリームってどんなもの?

毎日のお手入れに化粧品として使用でき、効果・効能の確認されている製品として医薬品は皮膚科にて、医薬部外品は薬局など市販で手にすることができます。

ジェルタイプやクリームタイプで伸びよく、ポイントに集中して効かせる事ができます。自分で簡単にシミ消し対策ができるところが人気の秘密となっております。

シミ消しクリームの成分について

シミの元となるメラニンの生成を抑える働きのあるシミ消しクリームの成分。

シミ消しクリームの成分について

これらは主にどのような働きがあり、また、使用に際しての注意点なども含めて理解することで、より自分に合った使い方ができるよう準備しておくことも大切です。

主な成分として、肌に浸透しやすく体内でビタミンCに変化するビタミンC誘導体、大きな効果が期待できるハイドロキノン、何をやっても効果が無かった人の最後のよりどころでもあるルミキシルがあります。

ビタミンC誘導体

効能はお肌の奥のメラニン色素生成を抑制し、色素沈着を防ぐことでシミが予防できます。
また、抗酸化作用によってできてしまったメラニンを還元し、シミやそばかすを消す働きや、新陳代謝促進によって、メラニンの色を薄くする効果もあります。
肌への負担が少なく敏感肌の方も試しやすい成分ですが、効果には個人差があり、肌が乾燥することもあるため、そうした症状がみられたら使用を控えてお肌を休める必要があります。

ハイドロキノン

シミを薄くする、消すためのクリームに含まれることが多く、日本では2001年の薬事法改正によって化粧品メーカーでも扱われるようになりました。
元々医療現場で使われていただけにその効果は極めて高く、メラニン生成の抑制においてはビタミンCの100倍有効とも言われています。メラニンは紫外線の防御壁の役割です。その働きを抑制するため夜間しか使えず、紫外線に当たると炎症や赤み、やけどの様な症状にも繋がる肌への負担の強い成分です。

ルミキシル

ハイドロキノンより安全性が高く、これまでシミ消しクリームでお肌のトラブルがあった方などにも高い効果が期待されている成分です。
メラニン生成の抑制に関してはハイドロキノンの17倍有効との数値とも言われており、肌への負担が少ないため、敏感肌や、手軽に安心してシミ消しクリームを使ってみたいという方などにオススメです。
ただし、あくまでも負担は少なめというだけであって超敏感肌の人や、体調によっては使用を控えた方が良い場合もあります。

シミ消しクリームは目的別に使おう

シミ消しクリームは、その用途や目的が大きく分けて2つあります。

シミ消しクリームは目的別に使おう

できたばかりのシミを消したい、薄くしたいという場合と、すでに出来たシミを消しつつ、これからのシミ予防をしたいという場合です。

シミは紫外線を浴びてメラニン生成され皮膚に表れますが、出来たばかりの表皮層にあるシミに効果をもたらすもの、出来てしばらく経ち真皮層にまで沈着してしまったシミに対して効果を発揮するもの、それぞれの目的に見合ったものを選びましょう。

できてしまったシミを消したい、薄くしたい!

できてしまったシミやくすみなど、老けて見えるこれらの要素はできて日が浅い方が対処しやすい部分でもあります。
ターンオーバーの乱れからシミが真皮層にまで沈着してしまうと、根気良くシミ消しクリームを塗り続ける努力が必要です。
注目の成分は「ハイドロキノン」と「ルミキシル」になり、ともにメラニン生成を抑制する効果があることと、できて日が浅いものから日が経ったシミまで効果がみられる成分です。

これ以上シミを増やしたくない!シミ予防したい

美肌効果の高いビタミンC、その有効成分を肌の奥まで浸透させるために改良されたビタミンC誘導体は、厚生労働省が認めた効果の高いシミ予防成分のひとつです。
ビタミンCの持つ抗酸化作用によって、炎症を抑える働きがあり、ニキビ後が赤茶色のシミになるような炎症性色素沈着にも有効です。
できてしまったシミに対しては低刺激で安全性と効果の高い「ルミキシル」、予防には「ビタミンC誘導体」がそれぞれ効果的です。

オススメのシミ消しクリーム

シミ消しクリームの基本は、メラニン生成を抑止する働きをもつ成分が含まれていることですが、ご自身のスキンタイプをしっかりと把握した上でお使いになる事が重要です。

オススメのシミ消しクリーム

以下に紹介する製品は医薬品として処方される高濃度のハイドロキノンではなく、副作用やリスクが少ないとされる製品ながら効果・効能の認められたデイリーケアとして使いやすいものとなります。

グラファ/メラノキュア HQ

ハイドロキノン3.9%配合し、刺激が少なく日焼け止めと併用することで日中も外出程度であれば使用できる軟膏タイプのシミ消しクリーム。
5gの小分けになっており、使いやすく保管も長期可能なタイプです。

Reviva Labs(海外) /ブラウン スポット

ハイドロキノン含有量が2%ながら、浸透性が高く伸びも良いシミ消しクリームです。
気になる箇所は顔だけでなく、体全体にも使える低刺激タイプですが、長期的に継続することで効果がみられるためパッチテストは必須となります。

ルミキシル/ルミキシル

敏感肌の方でも使える非毒・非刺激性のため、ハイドロキノンが副作用に悩まされていた方などにも安心できるノンアレルギー処方で、スキンタイプを選ばない優れたシミ消しクリームです。

まとめ

シミ消しクリームは、その用途・目的によって選ぶことが重要です。

シミ消しクリームの正しい使い方まとめ

シミの種類に応じて治療方法を選ぶことで効率よく結果が得られるとも言えます。個人差があるため薄くはできても完全に消せるとは言い切れない部分があることも踏まえ、すっぴんでも自信の持てる美肌を目指しましょう!

この記事に関連する施術

他にこんな記事が読まれています

こんにちはゲストさん[ログイン]

会員登録をする
トクーナから予約すると!!施術費用10%キャッシュバック