【冬の紫外線対策】冬も実は油断できない!紫外線に要注意のアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • 夏より対策を油断しがちな冬場の紫外線について、その注意点と冬場の紫外線に効果的な対策を紹介しています。
  • 冬場の紫外線もUV-A波なら夏場の半分くらいは地表に届き、肌の内側からダメージを与えていくので対策が必要。
  • ちょっとした外出でも日差しのある時間帯ならSPF値の低い日焼け止めを塗ることが効果的。肌を保湿して乾燥させないことも忘れずに!

しっかり対策をしていた夏とは違って、冬は紫外線対策に関しては見落としがちになりますよね。実は、冬の晴れの日にも、紫外線は降り注いでいるのです!
紫外線ダメージをそのままにしておくとシミやシワの原因にもなります。対策やケアを紹介します!

冬の紫外線対策の重要性

なぜ冬でも紫外線対策が必要なのでしょうか。その理由は、紫外線の波長に関係があります。

紫外線というのは、波長によって3つに分かれています。その中の2つの紫外線UV-BとUV-Aに対策が必要なのです。

UV-Bの特徴

  • 日焼けの原因になったり、皮膚がんやシミの原因になります
  • 窓を通過しないので、屋内では対策は必要ありません
  • 冬には夏の4分の1程度にまで減少します

UV-Aの特徴

  • 物質を通過しやすく、雲などに遮られることがないため、窓ガラスも通過します。屋内屋外問わず、対策が必要
  • 肌の奥まで届いて、コラーゲンを減少させてしわの原因を作ります
  • UV-Bに比べて肌が赤くなるなどの目に見える変化がありません
  • UV-Aは、冬でも夏の半分ほどは地表に届きます

つまり、冬の紫外線は肌の内側からダメージを与えていくのです。紫外線対策は一年中必要といえます。
 

冬でも日焼け止めを使おう

冬でも日焼け止めは塗る必要があります。晴れた日の午前10時から午後2時は紫外線が多いからです。とはいえ、真夏のときに利用するようなSPF値が高いものは不要です。SPF10~20くらいのもので十分でしょう。また、お休みの日や洗濯物を干すなどのちょっとした時間に外出するなら、UVケア効果のある下地やファンデーションを塗るのもいいでしょう。

その他、冬の紫外線対策として出来ること

紫外線対策はもちろん大事です。しかし、肌を保湿して乾燥させないことも同様に大事です。弱ったお肌では、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

シートマスクでうるおいを与えたり、保湿クリームを使って乾燥「させない」ことを心がけましょう。前述した日焼け止めを塗る際にも、保湿をしてから塗ると効果が長持ちします。さらに、紫外線によるお肌へのダメージを回復するには、メラニン色素を抑制する効果があるビタミンCを接種するのも効果的です。

その他、冬の紫外線対策としてできること

また、規則正しい生活も大事になります。新しい肌が生成されるゴールデンタイムが午後10時から午前2時の間になります。この時間には布団に入ることを心がけましょう。

ウインタースポーツでも日焼け止めは必須アイテム

冬にスキーやスノーボードなどのウインタースポーツを趣味としている人は多いでしょう。そんな人たちに調査をしたところ、「紫外線対策をしていない」人が5割もいたそうです。

ウインタースポーツでも日焼け止めは必須アイテム

冬は、雪が紫外線を反射するため、夏以上に紫外線の影響を受けやすいです。ウインタースポーツを楽しむ際は、SPF値が50以上のものを選んで、対策をしっかりするようにしましょう! 

冬でも手抜かりなく紫外線対策を!

いかがでしたでしょうか。冬でも、夏と同じように紫外線対策が必要なのですね。
紫外線による肌のダメージは蓄積して、将来のシミやシワ、そばかすが増える原因にもなります。しっかり冬も紫外線対策をして、紫外線がより強くなる春やその先の季節に備えましょう!

この記事に関連する施術

他にこんな記事が読まれています

こんにちはゲストさん[ログイン]

会員登録をする
トクーナから予約すると!!施術費用10%キャッシュバック