理想の唇が手に入る! リップライナーの魅力と使い方のアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • リップライナーを使用したメイクのメリットと使い方のポイントについて紹介してます。
  • 唇の輪郭をハッキリつくることができるリップライナーは、唇の色を発色よく鮮やかに見せてくれます。輪郭をシャープに際立たせることができるので、口紅のみでメイクするよりも狙った形の唇に仕上げやすくなります。
  • リップライナーを使った唇メイクの正しいやり方を4STEPで紹介していますので参考にしてみてください。仕上げにリップブラシとグロスを使うとボリューミーな唇に仕上がりますよ!

唇のメイクは、女性の魅力をアップするために欠かせないもの。

さらに口元に”きちんと感”を出したり、ボリュームを持たせたい方には、リップライナーを使ったメイクがおすすめです。

今回は意外と知られていない、リップライナーのメリットや使い方について詳しくご紹介します。

リップライナーを使うことのメリット

リップライナーを使って唇のメイクをすることには、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。
リップライナーを使うことのメリット
代表的なものをいくつかご紹介します。

口紅の発色や持ちが良くなる

リップライナーで口紅の下地を作ることで、唇の境目がハッキリし、発色良く見せることができます。

また、口紅のにじみも防がれるため、メイクを綺麗なまま長持ちさせる効果も期待できます。

唇を好きな形にコントロールできる

唇の形やボリュームは一人一人違うもの。

しかしリップライナーを使えば、好きな形の輪郭が作れるため、理想の唇に近づくことができます。最近流行りのぷっくりとしたボリュームのある唇も、リップライナーがあれば簡単に手に入りますよ。

口元が引き締まって若々しくなる

唇の輪郭がぼやけていると、口元の印象もぼやけて寂しいイメージになってしまいます。

しかしリップライナーで輪郭を作れば引き締まった口元になり、若々しさや凛々しさを生み出すことができます。

リップライナーの正しい使い方

リップライナーを使って、発色よく思ったような形の唇に見せるメイク術は、正しい使い方をきちんとマスターしてこそ。
リップライナーの正しい使い方
今さら聞けないリップライナーの使い方について、下準備から仕上げまで4STEPでご紹介します。

まずはメイクの前に下準備

リップライナーを使用する前に、まずはリップクリームを塗って唇の保湿をしておきましょう。

保湿しておくことでリップライナーが使いやすくなったり、口紅の艶やかさをアップすることができます。

さらに口紅の発色を良くしたい場合は、コンシーラーやパウダーファンデーションを塗って、唇の色を消しておきましょう。

STEP1. 上唇の山を描く

下準備が完了したら、いよいよリップライナーの出番です。

まずは上唇の中央の山の形を、リップライナーで描いていきましょう。ナチュラルな印象にしたい場合は山に丸みを持たせ、シャープな印象にしたい時は少しだけ尖らせた山を描きましょう。

STEP2. 下唇の底辺を描く

下唇の底辺のラインを描きます。
なお、底辺のラインは色の境目で判断するのではなく、唇のふくらみの境目で判断しましょう。

ボリュームを出したい時は、このふくらみより1ミリほど大きく描くと、自然とふっくらした印象になります。

STEP3. 口角からラインをつなげる

口角から上唇の山まで、そして口角から下唇の底辺までラインをつなげていきましょう。

口角部分は少し口を開けて心持ち微笑みながら描くと、明るい表情のリップラインに仕上がりますよ。

STEP4. リップブラシで口紅を塗る

リップブラシに口紅を含ませたら、リップラインの内側を塗りつぶしていきます。

口角から唇の中央に向かって丁寧に塗っていきましょう。

最後に唇の中央にグロスをつけると、さらにふっくらボリューミィな唇の出来上がりです!

リップライナーでより魅力的な唇に

30代以降になると、唇の薄さが気になる方が増えてきます。
リップライナーでより魅力的な唇に
メイクでボリュームのある唇を作って、若々しい見た目を手に入れましょう。

この記事に関連する施術

他にこんな記事が読まれています

こんにちはゲストさん[ログイン]

会員登録をする
トクーナから予約すると!!施術費用10%キャッシュバック