下腹ぽっこりの原因はアレだった!?即効の解消法でアナタも下腹美人に!のアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • 下腹ぽっこりの原因とその解消法についてご紹介しています。
  • 下腹がぽこっと出てしまう原因は、筋肉や骨格のゆがみによるものと、むくみ・偏食などの生理的不調や生活習慣の悪化から引き起こされているものとがあります。
  • 下腹ぽっこりの原因に基づいて、効果的な解消法や家でもできる簡単なエクササイズを動画つきで解説します。これであなたも下腹スッキリ美人です!

ダイエットをしても筋トレをしてもなかなか落とせない下腹部のお肉・・・

そんなぽっこりした下腹にお悩みの方の中には、何とかしたいけど半ば諦めている人も多いのではないでしょうか。

実は、手軽にぽっこりお腹を解消するにはコツがあります!ここではそんな秘密をご紹介していきたいと思います。

下腹がぽっこりする原因は?

そもそも下腹がぽっこりと出てしまう原因をご存知でしょうか? なんとなく・・・では対策も正しい解消法も分からずじまいです。

下腹がぽっこりする原因は?

下腹ぽっこりの原因には、腹筋の低下や骨盤のゆがみなど筋力や骨格の問題で起きるパターンと、むくみ・偏食など、生理的な変調や生活習慣の悪化によって引き起こされるパターンとがあります。

これらがなぜ下腹ぽっこりの原因になってしまうのか、しっかりと理解してこそ正しい解消法が始められるのです。

本当の原因を見定め、ライフスタイルを見直すことで、きっと正しい下腹ぽっこり解消法が見つかるはず。

さあ、今日から下腹スッキリのスリムボディを手に入れましょう!

下腹ぽっこりの原因①:筋力の低下

下腹がぽっこりする最大の理由は筋力の低下が考えられます。

運動する機会が減っている方、デスクワーク中心で座っていることが多い方などは、腹筋や腰周りの筋肉をあまり使わない傾向にあります。

お腹周りの筋肉で重要なのは腰椎と大腿骨をつなぐ腸腰筋といい、インナーマッスルと呼ばれる体の中心を支える大切な筋肉群です。

この筋力の低下が進むと、内臓が下にさがるため、下腹ぽっこりに。同時に便秘や肌荒れトラブルの原因にもなってしまいます。

下腹ぽっこりの原因②:骨盤のゆがみ

筋力低下についで原因として考えられているのが姿勢の悪さからくる骨盤のゆがみです。

常に重力によって引っぱられている内臓は、落ちてくるとそのまま腸を圧迫するので正しい位置ではなくなり、便秘を引き起こします。

また、内臓が下にさがることで消化不良を起こしやすくなるので、新陳代謝が滞ってガスが溜まったり、より一層便が詰まりやすくなったりして、ぽっこりと下腹が出てしまう原因になります。

下腹ぽっこりの原因③:むくみ

そもそもむくみは摂取した水分をしっかりと体外に排出できないために起こります。

女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、水分を巡らせるポンプ機能が弱い傾向にあります。

摂取した水分をしっかりと体外に排出できないとリンパの流れが悪くなり、結果として皮下脂肪がつきやすくなって、下腹ぽっこりな状態に。

また、むくみは下腹ぽっこりだけでなく、冷え性や体のだるさ、肌トラブルなどさまざまな問題に発展する可能性があるため注意が必要です。水分の取りすぎには気をつけましょう。

下腹ぽっこりの原因④:偏食

暴飲暴食や偏った食事など、栄養バランスが悪い場合にも、下腹がぽっこり出てしまうことがあります。

これらは胃下垂の原因にもなるため、下腹がぽっこりするだけでなく腸を圧迫し消化不良を引き起こす要因にもなります。

ひどい場合は胃潰瘍や胃腸炎、慢性的な消化不良トラブルにも発展することがあるので要注意!バランスのとれた食事で、野菜の食物繊維や果物による酵素、豆類や海藻類からミネラルを十分に摂取することが大切です。

下腹ぽっこりを解消するには?

下腹ぽっこりを作りだす原因のなかで、特に自分に当てはまっているなと思えることがあれば、一つずつ解消方法を試していきましょう!

下腹ぽっこりを解消するには?

生活習慣が原因で下腹ぽっこりが起きてしまったのであれば、今までの生活習慣を改めることで解消できるでしょう。

ここからは生活習慣の改善による下腹ぽっこりの解消法を挙げていきますので、無理をせず、自分のペースでトライしてみてくださいね。

良い姿勢で生活する

ぽっこり下腹最大の原因である筋力低下です。

それを解消するための日常生活に取り入れやすい簡単な方法が、良い姿勢で生活することです。

美しい姿勢、良い姿勢を保つのがナゼ下腹ぽっこり解消に有効なのかというと、姿勢の維持が筋力UPにつながるからです。

また、筋肉がついて正しい姿勢を維持しやすくなると、内臓を正常な位置に戻すこともできます。そうすることで、ぽっこり下腹が解消されます。

やり方は簡単です。普段から下腹部に力を入れ、まっすぐ背筋を伸ばした良い姿勢を意識して、立ったり座ったり、歩いたりするだけ。

最初は短い時間しか続かないかもしれないですが、それでもいいので、まずは試して出来るだけ続けてみましょう。

骨盤矯正のストレッチなどを行うとさらに効果が高まるため、歪みのチェックもしてみましょう。

適度に運動する

筋力低下を起こしている人の多くは、基本的に運動不足である場合が多いのです。

運動不足によって骨盤を支える筋力が低下し、それが骨盤のゆがみを生み、内臓が下部へ下がることで脂肪も溜まりやすくなる、と悪循環に陥りやすい状態を作ります。

適度に運動して筋力をあげ、骨盤のゆがみを矯正することで、内臓の位置を本来あるべき位置に戻せるようになるため、むくみ解消や代謝があがることで便秘改善も期待できます。

ただし、“適度”というのがポイントです。ウォーキングや軽めのランニング、スクワットなどの運動を、日常的に無理なく続けられる程度の負荷で習慣づけていくことが大事です。

栄養バランスの良い食事を取る

濃い味付けが好みの方は、体内の水分と塩分のバランスが乱れてむくみの原因となるため、むくみやすくなります。下腹ぽっこりの元ですね。

食事をなるべくあっさりした味付けのものに変えるとバランスがとれて、むくみ改善につながります。

また、野菜をあまり摂らず肉類ばかりが多くなりがちな食生活ですと、食物繊維が不足して便秘を引き起こすことがあります。

便秘による内臓下垂も下腹ぽっこりを生みやすい要素ですから、なるべく野菜から食物繊維を摂って便秘を改善し、下腹ぽっこりの解消を心がけましょう。

下腹ぽっこり解消エクササイズ

ここからは、ぽっこり下腹と永久にさよならするための筋トレ特集です!“永久”というのがポイントです!

下腹ぽっこり解消エクササイズ

下腹は贅肉がつきやすい部位ですが、正しいトレーニングによって比較的簡単に解消することもできるんです!

エクササイズの効果で骨盤矯正や筋力UPができれば、下腹もスリムな素敵ボディが手に入るだけでなく、むくみ改善、便秘解消などうれしい効果が続々とやってきます!楽しみながらじっくり取り組みましょう!

ぽっこりお腹さようなら 下腹引き締めエクササイズ

自宅にいながらウェイトを使うことなく自重と呼吸のみでできる簡単エクササイズです。

ポイントは足を下ろして下腹に力を込める時に息を吐き、足をあげるときに息を吸うこと。

スピードは必要なく、ゆっくり下腹に効かせることが重要です。

2週間で下腹の肉を取る!簡単レッグレイズツイスト

寝ながら行える下腹のお肉周辺に効くトレーニングです。

ポイントは呼吸を意識すること!吐くときにお腹に効くので力を入れておろし、戻すときに息を吸います。

膝を伸ばして運動強度を高められますが、腰に負担がかかりやすいため無理はしないようにしましょう。

1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

これほど簡単・短時間でぽっこり撃退に効果的なトレーニングは他にありません!

トレーニングの中でも筋肉を収縮させないアイソメトリックトレーニングという方法を用いて、1日わずか10秒だけ。慣れてくれば徐々に伸ばして運動強度を高めることでより効果がでます!

【きれいなおなかをつくる!】骨盤矯正と下腹部のトレーニング!

自宅でできる骨盤矯正の方法と、下腹部に効果のあるトレーニングの紹介です。

姿勢の矯正と呼吸の確認もできます!やみくもにトレーニングすると運動効率が下がり姿勢も悪くなりがちです。自分のトレーニング法が心配な方はぜひチェックしましょう。

ぽっこりお腹を解消☆毒素を出す簡単リンパマッサージ

簡単な3つのステップで体内に溜まった毒素を排出する効果があるリンパマッサージです。

ポイントはあまり力を入れないこと!とリンパの流れに逆らわないこと!リンパは表皮直下にあるため力を入れすぎず、なでるだけで大丈夫です!

生活習慣の乱れを正してスリムな下腹を!

ぽっこり下腹をつくった因果関係をひも解くことで、自分なりの解消法が見えてきたかと思いますが、注意する点は、急な負荷を加えたり、無理な改善をせず、日々の習慣となるように「続けていく」ことにあります。

生活習慣の乱れを正してスリムな下腹を!

ぜひこの点を意識して取り組んでみましょう!

この記事に関連する施術

他にこんな記事が読まれています

こんにちはゲストさん[ログイン]

会員登録をする
トクーナから予約すると!!施術費用10%キャッシュバック