わきが手術で再発しにくい剪除法についてクリニックに聞きました! のアイキャッチ画像

この記事のポイント

  • わきがの再発が起こりにくい治療方法について、わきが治療に詳しいクリニックの院長先生に聞いてきました!
  • そもそもわきが治療にはライトなものから高い効果が期待できる手術まで、段階に応じた複数の方法があります。それぞれの特徴や内容を丁寧に解説しています。
  • わきが治療には悩ましい「再発」という問題があります。この「再発」が起こりにくいとされている「剪除法(せんじょほう)」についてもじっくり掘り下げています!
わきがの悩みはとても深刻です。自分ではなかなかにおいに気付きにくいという点が特に厄介ですよね。

さらに厄介な問題として、わきが治療の手術を受けた方が気にされている「再発」という問題もあります。

今回は、わきが手術での「再発」という問題と、わきがの再発が起こりにくい手術「剪除法(せんじょほう)」に定評のある鹿児島三井中央クリニックの中野院長先生にお話をうかがいました。

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長の中野です。わきが治療は患者様の希望に応じていくつか種類があり、治療方法や手術の内容によって、効果も変わってきます。
わきが手術を検討されている方が一番心配なのがにおいの再発ではないかなと思いますが、その点の不安が解消できるよう、手術内容などを分かりやすくご紹介できればと思います。

クリニックで受けられるわきが治療の方法・手術にはどんなものがありますか?

クリニックで受けられるワキガ治療の方法・手術

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

手術しないでわきが治療をしたい、という方にとって敷居が低く選びやすいのがボトックス注射です。

注射のみで通院の必要がなく、費用も数万円程度と安い上にわずか10分足らずで施術を終えられます。注射後約3日目から効果がはじまり、効果が無くなる半年程度でにおいも元に戻るため、効果を持続させるには定期的に注射する必要があります。

手術には踏み切れないけれど、すぐに効果を実感したいということで利用される方が多い治療法です。

ミラドライ

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

ミラドライも切らないタイプのわきが治療です。ミラドライはマイクロ波を患部へ照射することで、においの元となるアポクリン腺などの汗腺組織を破壊します。

皮膚を切開する必要がなく、多汗症やわきがの原因となる根本から治療の効果が得られる人気の手法ですが、症状によっては1回で症状が消えないことも多いです。

施術は1時間程度で終えられますが、術後当日夜から翌日にかけてか、長い場合は2~3日ほど腫れるため患部を冷却する必要があります。吸引痕が数日残りますが、デメリットとしてはその程度です。

ビューホット

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

ビューホットは切らないわきが治療の中で最も手術に近い効果が得られる手法です。

これまでの治療法に見られたデメリットをなくし、患者様の負担を減らし最大限の効果をあげるために開発されました。ラジオ波を患部へ照射しにおいの原因となる汗腺組織を破壊します。

施術は両脇合わせて20分程度、圧迫固定する必要もなく、翌日からシャワーも運動も可能です。ダウンタイムや後遺症もなく、11才以上であればお子様でも受けられます。

剪除法(せんじょほう)

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

切って治すタイプのわきが手術「剪除法」はしっかりわきがを治療したい人に最適の方法です。医師の技量に掛かっている部分が多いため、上手に対応できる医師をみつけることが大切です。

良い医師に巡り会えば、「切って治す」という勇気のある決断が、におい再発のないわきが治療につながるといっても、過言ではないと思います。

脇の下を4cmほど切開し、皮膚の裏からにおいの元となる汗腺を1つ1つ取り除く手術になります。傷がきれいに治るように、術後は最低でも1週間ほど圧迫固定することが必要です。

医師の技術レベルや術後の経過によっては傷跡が目立つ場合もあるため、まずは十分にカウンセリングを受けてしっかりと話し合うことが大事です。

わきが治療で気になる「再発」とは?

ワキガ治療で気になる「再発」とは?

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

わきがの治療や手術を受けた方が失敗したかも…と感じてしまうことで一番多いのが、再びわきからにおいがしてきてしまうこと。いわゆる「再発」です。

施術方法によって異なる再発の原因を見てみましょう。

  1. ボトックス……数ヶ月から約半年で効果が切れることがわきが再発の原因
  2. ミラドライ/ビューホット……破壊しきれなかった汗腺より過剰分泌が再発の原因
  3. 剪除法……切開範囲が狭く、取り除けなかった汗腺からの過剰分泌が原因

2と3においては、20代前半までは汗腺の成長期でもあるため、あらたに汗腺がつくられることによる再発もあります。

再発を気にする人におすすめのわきが治療はありますか?

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

わきが治療に再発は避けられないのか?というと必ずしもそうではありません。

再発がもっとも少ないわきが治療としてお勧めできるものは、においの元となる『アポクリン汗腺』をしっかりと取り除くことができる方法となります。

さらにアポクリン汗腺には再生能力があります。そのため、破壊だけでは不十分となることが多いのです。においの元をしっかりと取り除ける『剪除法』、ないしは『剪除法』を複合した方法がお勧めとなります。

剪除法のデメリット・不安な点も聞いてみました

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

しっかりと技術を備えた医師が剪除法を行えば、手術そのものの失敗やにおいの再発はほぼないと考えて頂いていいと思います。

皮膚の解剖を熟知し、症例を経験した医師なら、においの再発率はとても低く、患者様が失敗したと感じられることも極めて稀です。

実績のある医師が担当することになるのかどうか、カウンセリングの段階でしっかりと確認しておくと良いと思います。

特に当クリニックでは、私を含めて執刀経験豊富な医師が担当します。

傷跡が大きく残りますか?傷跡でバレたりしませんか?

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

傷跡は4cmほど切開して施術を行うため、切開痕として残ります。100%消えるなどとはとても断言できませんが、実際問題かなり目立ちにくくできるほどに医療技術は向上しています。

わきに寄るしわの線に沿って切開することで、傷跡自体が目立たなくなり、周囲に気付かれにくくするという方法もあります。

切開ライン周辺の組織もふくめて目立たなくなるまでは、やはりある程度時間が必要です。6ヶ月~1年くらい時間が経過しますと、傷跡はかなり目立ちにくくなります。

とくに、重度のわきがに悩まされていた日々を経験して来られた方は皆様満足されています。

痛みに敏感な人でも受けることは可能でしょうか?

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

痛みに敏感な方でも手術には麻酔を用いますので安心して受けて頂くことができます。

皮膚表面に麻酔クリームを塗布してから、局所麻酔の注射を打って手術することが多いですが、とくに痛みが心配な方には静脈麻酔で眠りながら手術を受けて頂くことも可能です。

腕を動かすと痛みが走る場合もあるため安静に過ごして頂く必要があり、3日目のガーゼ(タイオーバー)を外せるようになるとほとんど痛みは無くなります。

切開手術であることには変わりがないので、術中は痛みがなくても術後は多少は痛みを感じますが、当院は複数の痛みどめを処方するなど痛みを少しでも軽くするためのケアを心がけています。

術後の痛み軽減をアフターケアとしてしっかりフォローしてくれるクリニックを見極めることが必要です。

剪除法の術後は? 固定期間やタイオーバーについて教えてください

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

手術後に痛みどめを服用していただき、当日夜、2日目、3日目と痛みどめを飲む処置が続きます。

3日目には圧迫固定していたガーゼを外しますので幾分楽に過ごせるはずです。その後安静に過ごしていただきながら経過を見て術後7日目に抜糸を行うという流れです。

タイオーバーはアポクリン腺を取り除く際に剥離した皮膚を再度生着させるために使いますが、ガーゼを皮膚に縫い付けて圧迫しますので美しい仕上がりには欠かせません。

鹿児島中央クリニックのわきが手術ポイント

鹿児島中央クリニックのワキガ手術ポイント

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

わきがに悩まれる方の多くは手術の具体的な方法や術後の経過をご存知ないために、一人歩きする「痛み」や「再発」を恐れて手術不要の方法に頼られる方もいらっしゃるようですが、わきがを根本から治したいという方には、剪除法は何よりもオススメの手法となります。

当院では、患者様それぞれの御希望、御要望に合わせたわきが・多汗症治療メニューを用意し、お一人お一人の症状改善のため経験豊富な医師によって施術し、術後の経過などアフターケアにも力を入れております。

イナバ式+剪除法

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

鹿児島三井中央クリニック院長 中野 知治

完全にわきがを治したい方にはイナバ式シェービング法と剪除法を合わせた「イナバ式+剪除法」という手術がオススメです。

脇を数センチ切開し、イナバ式シェービング法と切開剪除法によって「広範囲に渡って」においの元となる汗腺を「丁寧に」取り除きます。

重度のわきがにも対応しており、さらに多汗症改善に加えて毛根を取り去ることである程度の脱毛効果も得られます。

本当に「しっかり治したい」のであれば、医師の技術にこそ頼って頂きたいと考えております。当院では高度な技術をもち経験豊富な医師のみが執刀致します。

再発しにくいわきが手術についてのまとめ

切らずに治す方法やボトックス注射でしばらくわきが臭とお別れする方法はありますが、もっとも効果の高い根本的治療

『わきがは切って治す』

ことをお勧めします。

汗腺を取り除く手術こそが、再発のないわきが治療への近道ということが分かりますね。信頼できる優れた医師を探しましょう!

取材協力・監修

鹿児島三井中央クリニック外観画像
医院名 鹿児島三井中央クリニック
住所 鹿児島県鹿児島市山下町9-1チャイムズビル6F
最寄り駅 鹿児島市電2系統 朝日通駅

この記事に関連する施術

他にこんな記事が読まれています

こんにちはゲストさん[ログイン]

会員登録をする
トクーナから予約すると!!施術費用10%キャッシュバック