黒クマを消す解消法

眼輪筋トレーニングで目の下のたるみを解消

しわたるみが生じる原因として、眼輪筋の衰えが挙げられます。

次のような運動を、負担のかからない範囲で1日に2~3セット行うと、シワたるみが改善されます。

  1. 天井を向いて目だけを下を向く(10秒くらい)
  2. 目じりを外側に引っ張り、閉じる。
  3. 鏡を見てまぶしい表情を10秒くらい続ける。
  4. 上まぶたを上に挙げるようにしてから目を閉じる。

アイクリーム、ツボ、マッサージで目の下のクマを取る方法

エイジングケア用のアイクリームと黒クマに効くツボを押して、目元の張りをアップさせます。

目の周囲には多くのツボがあります。左右の目尻の端のくぼみ部分にあるツボを押すことで、側頭部の血行が良くなりクマやシミの改善が期待できます。

ツボは主に3つあります。

清明(せいめい)
目頭の上にある小さなくぼみになります。顔のむくみやシワにも有効なツボです。目が疲れてくると自然にこのツボを押している人も少なくないのではないでしょうか。
承泣(しょうきゅう)
両目の真下1センチ程の所にあります。
太陽(たいよう)
こめかみから少し目よりの部分になります。

マッサージは目尻から目頭の方向にかけてゆっくりと指を滑らせるように行います。
毎日ツボ押しするだけで目元が明るくなり、黒クマの解消が期待できます。

目元の保湿でハリを取り戻し、黒クマを消す方法

保湿ケアなど、目元のハリや潤いを取り戻すスキンケアを心がけましょう。乾燥やそれによってできる小ジワは黒クマをより濃くしてしまいます。

ヒアルロン酸やセラミドなど保湿効果の高い成分を意識して取り入れることで、目元のへこみの解消を目指しましょう。

スキンケアの際には、顔全体をマッサージしリフトアップすることで目元のたるみを引き締めるよう意識してみましょう。

代謝を上げる食品摂取で黒クマを解消

ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル成分などをバランスよく摂取し、体内から新陳代謝を上げて肌のターンオーバーを促すようにします。

アイメイクで黒クマをカバー

くまの部分にパール系のコンシーラーを乗せてふっくら感を出します。コンシーラーは厚く塗ってしまいがちですが、日中の活動によってコンシーラーがはがれやすくなります。余計にクマが目立ってしまいますので、できれば薄く塗る方が良いでしょう。

関連する記事

目のクマ治療について詳しく解説

目の下のクマ治療が受けられる美容外科

地域・都道府県から探す