健康的な印象を損ねてしまう目の下のクマ。メイクをする時にクマを隠そうと、コンシーラーやファンデーションをついつい厚塗りしてしまう女性もいるのではないでしょうか。自宅でケアを頑張る方法もありますが、コンプレックスを強く感じ、確実にクマを消す方法を知りたいと考えている場合はクリニックに頼ると良いかもしれません。

目の下のクマ治療とは、クマのタイプに応じて美容注射やピーリング、外科手術でクマの原因を取り除き、綺麗な目元へ整える医療行為です。

治療法は幅広く、ヒアルロン酸やボトックスを皮下に直接注入する注射系治療、サーマクールのような高周波やレーザーで肌細胞そのものをターンオーバーさせる照射系治療、目の下の余分な脂肪をくぼんでいる箇所へ移動させ、フラットな目元を作るハムラ法などがあります。

目の下のクマの種類と原因

目の下のクマには、大きく分けて青クマ」「茶クマ」「黒クマ(影クマ)」の三種類があります。

目の下のクマの原因と解消法

青クマ(血行不良)

クマの色が青っぽく見える「青クマ」は目の周りの血行が滞ることが原因でできるクマになります。ストレスや寝不足が続くと血行が悪くなってしまい血液が黒ずむことで、目の周りが青く見えるようになります。

茶クマ(シミや肌のくすみ)

クマの色が茶っぽく見える「茶クマ」は、シミや肌のくすみが原因で起こります。肌の代謝機能が衰えてしまうと、メラニン色素が排泄されなくなってしまい、肌に留まることが原因です。

黒クマ(別名影クマ。加齢などのたるみ)

クマの色が黒っぽく見える「黒クマ」は主に加齢による「たるみ」が原因で起こります。加齢とともに皮膚の弾力がなくなり、「たるみ」や「くぼみ」ができた箇所が影になることでクマが表れます。

目のクマ治療について詳しく解説

目の下のクマ治療が受けられる美容外科

地域・都道府県から探す

(1)

(9)

(1)

(4)

(2)

(4)